TERMS OF SERVICE

利用規約

宿泊約款

第1条(適用範囲)

 1. 当グランピング場が宿泊客との間で締結する宿泊契約及びこれに関連する 契約は、この約款の定めるところによるものとし、この約款に定めの ない事項については、法令又は一般に確立された慣習によるものと します。
2.当グランピング場が、法令及び慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、 前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。

第2条(宿泊契約の申込み)

1.当グランピング場に宿泊契約の申込みをしようとする方は、次の事項を当グランピング場に申し出ていただきます。

(1)宿泊者名
(2)宿泊日及び到着予定時刻
(3)宿泊料金(原則として別表第 1 の基本宿泊料による。)
(4)その他当グランピング場が必要と認める事項

2.宿泊客が、宿泊中に前項第 2 号の宿泊日を超えて宿泊の継続を申 し入れた場合、当グランピング場は、その申し出がなされた時点で新たな宿 泊契約の申し込みがあったものとして処理します。

第3条(宿泊契約の成立等)

1. 宿泊契約は、当グランピング場が前条の申込みを承諾したときに成立するも のとします。ただし、当グランピング場が承諾しなかったことを証明したときは、 この限りではありません。
2. 前項の規定により宿泊契約が成立したときは、宿泊期間(3日を超 えるときは 3 日間)の基本宿泊料を限度として当グランピング場が定める申 込金を、当グランピング場が指定する日までに、お支払いいただきます。
3. 申込金は、まず宿泊客が最終的に支払うべき宿泊料金に充当し、 第 6 条及び第 18 条の規定を適用する事態が生じたときは、違約 金に次いで賠償金の順序で充当し、残額があれば、第 12 条の規 定による料金の支払いの際に返還します。
4. 第 2 項の申込金を同項の規定により当グランピング場が指定した日までにお 支払いいただけない場合は、宿泊契約はその効力を失うものとしま す。ただし、申込金の支払期日を指定するに当たり、当グランピング場がその 旨を宿泊客に告知した場合に限ります。

第4条(申込金の支払いを要しないこととする特約)

1. 前条第 2 項の規定にかかわらず、当グランピング場は、契約の成立後同項の申込金の支払いを要しないこととする特約に応じることがあります。
2. 宿泊契約の申込みを承諾するに当たり、当グランピング場が前条第 2 項の申込金の支払いを求めなかった場合及び当該申込金の支払期日を指定しなかった場合は、前項の特約に応じたものとして取り扱います。

第5条(宿泊契約締結の拒否)

当グランピング場は、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。

1.宿泊の申込みが、この約款によらないとき。
2.満室により客室の余裕がないとき。
3.宿泊しようとする方が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。
4.宿泊しようとする方が、伝染病者であると明らかに認められるとき。
5.当グランピング場若しくはグランピング場従業員に対し、暴力的要求行為を行い、あるいは合理的範囲を越える負担を要求したとき。またはかつて同様な行為を行ったと認められるとき。
6.天災、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。
7.宿泊しようとする方が、泥酔等で、他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼすおそれがあると認められるとき。あるいは宿泊者が他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。(旅館業法施行条例第 4 条)
8.宿泊しようとする方が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成 3 年法律第 77 条)第 2 条第 6 号の暴力団員、又は同法第 2 条第 2 号の暴力団と関係を有する企業又は団体の関係者又はその他反社会的勢力の関係者と認められるとき

第6条(宿泊客の契約解除権)

1. 宿泊客は、当グランピング場に申し出て、宿泊契約を解除することができます。
2.当グランピング場は、宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一部を解除した場合(第 3 条第 2 項の規定により当グランピング場が申込金の支払期日を指定してその支払いを求めた場合であって、その支払いより前に宿泊客が宿泊契約を解除したときを除きます)は、別表第 2 に掲げるところにより、違約金を申し受けます。ただし、当グランピング場が第 4 条第 1 項の特約に応じた場合にあっては、その特約に応じるに当たって、宿泊客が宿泊契約を解除したときの違約金支払義務について、当グランピング場が宿泊客に告知したときに限ります。
3. 当グランピング場は、宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の午後 8 時(あらかじめ到着予定時刻が明示されている場合は、その時刻を 2 時間経過した時刻)になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することがあります。

第7条(当グランピング場の契約解除権)

1. 当グランピング場は、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。

(1)宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。
(2)宿泊客が伝染病者であると明らかに認められるとき。
(3)当グランピング場若しくはグランピング場従業員に対し、暴力的要求行為を行い、あるいは合理的範囲を越える負担を要求したとき。またはかつて同様な行為を行ったと認められるとき。
(4)天災等不可抗力に起因する事由により宿泊させることができないとき。
(5)宿泊しようとする方が、泥酔等により他の宿泊者に迷惑を及ぼすおそれがあると認められるとき。あるいは宿泊者が他の宿泊者に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。(旅館業法施行条例第 4 条)
(6)宿泊しようとする方が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成 3 年法律第 77 条)第 2 条第 6 号の暴力団員、又は同法第 2 条第 2 号の暴力団と関係を有する企業又は団体の関係者と認められるとき。
(7)寝室での寝たばこ、消防用設備等に対するいたずら、その他、当グランピング場が定める利用規則の禁止事項(火災予防上必要なものに限る。)に従わないとき。

2. 当グランピング場が前項の規定に基づいて宿泊契約を解除したときは、宿泊客がいまだ提供を受けていない宿泊サービス等の料金はいただきません。

第8条(宿泊の登録)

1. 宿泊客は、宿泊日当日、当グランピング場のフロントにおいて、次の事項を登録していただきます。

(1)宿泊客の氏名、年齢、性別、住所及び職業
(2)外国人にあっては、国籍、旅券番号、入国地及び入国年月日
(3)出発日及び出発予定時刻
(4)その他当グランピング場が必要と認める事項

2. 日本国内に住所を有しない外国人にあってはパスポートの呈示並びにコピー等をさせていただきます。
3. 宿泊客が第 12 条の料金の支払いを、旅行小切手、宿泊券、クレジットカード等通貨に代わり得る方法により行おうとするときは、あらかじめ、前項の登録時にそれらを呈示し、当グランピング場の承認を得ていただきます。

第9条(客室の使用時間)

1. 宿泊客が当グランピング場の客室を使用できる時間は、到着日の午後 3 時から出発日の午前11時までとします。ただし、連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することができます。
2. 当グランピング場は、前項の規定にかかわらず、同項に定める時間外の客室の使用に応じることがあります。この場合には次に掲げる追加料金を申し受けます。

(1)超過 3 時間までは、室料金の 30%
(2)超過 6 時間までは、室料金の 50%
(3)超過 6 時間以上は、室料金の 100%

第10条(利用規則の遵守)

宿泊客は当グランピング場内においては、当グランピング場が定めてグランピング場内に掲示した利用規則に従っていただきます。

第11条(営業時間)

1. 当グランピング場の主な施設等の営業時間は次のとおりとし、その他の施設等の詳しい営業時間は備え付けパンフレット、各所の掲示、客室内のサービスディレクトリー等でご案内いたします。

(1)フロント・キャッシャー等サービス時間:午前8時から午後9時まで
フロントサービス 午前8時から午後9時まで
エクスチェンジサービス 午前8時から午後9時まで
(2)飲食等その他施設サービス時間:サービスディレクトリーをご参照ください。

2. 前項の時間は、必要やむを得ない場合には臨時に変更することがあります。その場合には、適当な方法をもってお知らせします。

第12条(料金の支払い)

1. 宿泊者が支払うべき宿泊料金等の内訳は、別表第 1 に掲げるところによります。
2. 前項の宿泊料金等の支払いは、日本国政府が定める指定通貨又は当グランピング場が認めた旅行小切手、宿泊券、クレジットカード等これに代わり得る方法により、宿泊客の出発の際又は当ホテルが請求したとき、フロントにおいて行っていただきます。
3. 当グランピング場が宿泊客に客室を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。

第13条(当グランピング場の責任)

1.当グランピング場は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えた時は、その損害を賠償します。ただし、それが当グランピング場の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。
2. 当グランピング場は万一の火災等に対処するため、旅館賠償責任保険に加入しております。
3.地震・台風・洪水・津波・高潮その他の自然災害などの不可抗力な天災に起因する宿泊者の損害においては、当グランピング場は責任を負いません。また、天災に伴い発生した停電・断水・温泉設備の停止等においても、当グランピング場は責任を負いません。

第14条(契約した客室の提供ができないときの取扱い)

1.当グランピング場は、宿泊客に契約した客室を提供できないときは、宿泊客の了解を得て、できる限り同一の条件による他の宿泊施設をあっ旋するものとします。
2.当グランピング場は、前項の規定にかかわらず他の宿泊施設のあっ旋ができないときは、違約金相当額の補償料を宿泊客に支払い、その補償料は損害賠償額に充当します。ただし、客室が提供できないことについて、当グランピング場の責めに帰すべき事由がないときは、補償料を支払いません。

第15条(寄託物等の取扱い)

1.宿泊客がフロントにお預けになった物品又は現金並びに貴重品について、滅失、毀損等の損害が生じたときは、それが不可抗力である場合を除き、当ホテルは、その損害を賠償します。ただし、現金及び貴重品については、当グランピング場がその種類及び価額の明告を求めた場合であって、宿泊客がそれを行わなかったときは、当グランピング場は 15 万円を限度としてその損害を賠償します。
2.宿泊客が、当グランピング場内にお持込みになった物品又は現金並びに貴重品であってフロントにお預けにならなかったものについて、当グランピング場の故意又は過失により滅失、毀損等の損害が生じたときは、当グランピング場は、その損害を賠償します。ただし、宿泊客からあらかじめ種類及び価額の明告のなかったものについては、当グランピング場に故意又は重大な過失がある場合を除き、15 万円を限度として当グランピング場はその損害を賠償します。

第16条(宿泊客の手荷物又は携帯品の保管)

1.宿泊客の手荷物が、宿泊に先だって当グランピング場に到着した場合は、その到着前に当グランピング場が了解したときに限って責任をもって保管し、宿泊客がフロントにおいてチェックインする際お渡しします。
2.宿泊客がチェックアウトしたのち、宿泊客の手荷物又は携帯品が当グランピング場に置き忘れられていた場合において、その所有者が判明したときは、当グランピング場は、当該所有者に連絡をするとともにその指示を求めるものとします。ただし、所有者の指示がない場合、又は所有者が判明しないときは、遺失物法に基づき処理します。
3.前 2 項の場合における宿泊客の手荷物又は携帯品の保管についての当グランピング場の責任は、第 1 項の場合にあっては前条第 1 項の規定に、前項の場合にあっては同条第 2 項の規定に準じるものとします。

第17条(駐車の責任)

宿泊客が当グランピング場の駐車場をご利用になる場合、車両のキーの寄託の如何にかかわらず、当グランピング場は場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものではありません。ただし、駐車場の管理に当たり、当グランピング場の故意又は過失によって損害を与えたときは、その賠償の責めに任じます。

第18条(宿泊客の責任)

宿泊客の故意又は過失により当グランピング場が損害を被ったときは、当該宿泊客は当グランピング場に対し、その損害を賠償していただきます。

第19条(支配する国語)

本約款は日本語と英語で作成されていますが、日本文と英文との間に不一致又は相違があるときは、すべて日本文によるものとします。

第20条(裁判管轄及び準拠法)

本約款による宿泊契約及びこれに関連する契約に関して生じる一切の紛争については、専ら当グランピング場の所在地を管轄する日本の裁判所において、日本の法令に従い解決されるものとします。

利用規約-別表

General Terms & Conditions for Accommodation Contract

Article 1.(Scope of Application)

1. Contracts for accommodation and related agreements to be entered into between this Glamping ground and the Guest to be accommodated shall be subject to these Terms and Conditions.Any particulars not provided herein shall be governed by laws and regulations and/or generally accepted practices.
2. In the case when the Glamping ground  has entered into a special contract with the Guest insofar as such special contract does not violate laws and regulations and generally accepted practices the special contract shall take precedence over the provisions of these Terms and Conditions, Not with standing the preceding Paragraph.

Article 2.(Application for Accommodation Contract)

1. A Guest who intends to make an application for an Accommodation Contract with the Glamping ground  shall notify the Glamping ground  of the following particulars:

(1) Name of the Guest(s);
(2) Date of accommodation and estimated time of arrival;
(3) Accommodation charges (based in principle on the Basic Accommodation Charges listed in the Attached Table No. 1); and
(4) Other particulars deemed necessary by the Glamping ground.

2. If Guests request to extend their stay, during their stay, beyond the date in subparagraph (2) of the preceding Paragraph, it shall be regarded as an application for a new Accommodation Contract at the time such request is made.

Article 3.(Conclusion of Accommodation Contracts, etc.)

1. A Contract for Accommodation shall be deemed to have been concluded when the Glamping ground  has duly accepted the application as stipulated in the preceding Article. However, the same shall not apply where it has been proved that the Glamping ground has not accepted the application.
2. When a Contract for Accommodation has been concluded in accordance with the provisions of the preceding Paragraph, the Guest is requested to pay an accommodation deposit set by the Glamping ground within the limits of Basic Accommodation Charges covering the Guest's entire period of stay (3 days when the period of stay exceeds 3 days) by the date specified by the Glamping ground .
3. The deposit shall be first used for the Total Accommodation Charge to be paid by the Guest, secondly for cancellation charges under Article 6 and thirdly for reparations under Article 18 as applicable. The remainder, if any, shall be refunded at the time of payment for accommodation as stated in Article 12.
4. If the Guest fails to pay the deposit by the date as stipulated in Paragraph 2, the Glamping ground  shall treat the Accommodation Contract as invalid. However, the same shall apply only in the case where the Guest is thus informed by the Glamping ground  when the period of Payment of the deposit is specified.

Article 4.(Special Contracts Requiring No Accommodation Deposit)

1. Notwithstanding the provisions of Paragraph 2 of the preceding Article, the Glamping ground  may enter into a special contract requiring no accommodation deposit after the Contract has been concluded as stipulated in the same Paragraph.
2. In the case when the Glamping ground  has not requested payment of the deposit as stipulated in Paragraph 2 of the preceding Article and/or has not specified the date of payment of the deposit at the time the application for an Accommodation Contract has been accepted, it shall be treated as though the Glamping ground  has accepted a special contract prescribed in the preceding Paragraph.

Article 5.(Refusal of Accommodation Contracts)

The Glamping ground  may not accept the conclusion of an Accommodation Contract under any of the following circumstances:

1. When the application for accommodation does not conform with the provisions of these Terms and Conditions;
2. When the Glamping ground  is fully booked and there is no vacancy;
3. When the Guest seeking accommodation is deemed liable to conduct himself/herself in a manner that will violate laws or act against the public order or good morals in regard to his/her accommodation;
4. When the Guest seeking accommodation can be clearly identified as carrying an infectious disease;
5. When the Glamping ground  and/or Glamping ground  staff are violently threatened or unreasonably burdened by the Guest;
6. When the Glamping ground  is unable to provide accommodation due to natural calamities, malfunction of facilities and/or other unavoidable causes;
7. When the person requesting Glamping ground  accommodation is obviously intoxicated and could cause annoyance to other guests or when the person is behaving in such a manner as to be an annoyance to other guests (when provisions of Article 4 of The Prefectural Ordinance are applicable);
8. When the person requesting Glamping ground  accommodation is a member of an organized crime group, under Article 2-6 of Law on Preventing Unreasonable Conduct by Organized Crime Groups (Code 77 issued in 1991), or a related party, under Article 2-2 of said law

Article 6.(Right to Cancel Accommodation Contracts by the Guest)

1. The Guest is entitled to cancel the Accommodation Contract by notifying the Glamping ground.
2. If the Guest has cancelled the Accommodation Contract in whole or in part due to causes for which the Guest is liable (except in the case when the Glamping ground has requested payment of the deposit during the specified period as prescribed in Paragraph 2 of Article 3 and the Guest has cancelled before payment), the Guest shall pay cancellation charges as listed in the Attached Table No. 2. However, in the case when a special contract as prescribed in Paragraph 1 of Article 4 has been concluded, the same shall apply only when the Guest is informed of the obligation of payment of cancellation charges in case of cancellation by the Guest.
3. If the Guest does not appear by 8:00 p.m. of the accommodation date without advance notice (2 hours after the expected time of arrival if the Glamping ground is notified), the Glamping ground may regard the Accommodation Contract as being cancelled by the Guest.

Article 7.(Right to Cancel Accommodation Contract by the Glamping ground)

1. The Glamping ground  may cancel the Accommodation Contract under any of the following circumstances:

(1) When the Guest is deemed liable for conduct and/or has conducted himself/herself in a manner that will violate laws or act against the public order and good morals in regard to his/her accommodation.
(2) When the Guest can be clearly identified as carrying an infectious disease;
(3) When the Glamping ground  and/or Glamping ground  staff suffers from violent threat or unreasonable burden from the Guest. Or, when it is acknowledged that similar activity has occured in the past;
(4) When the Glamping ground  is unable to provide accommodation due to natural calamities and/or other causes of force majeure;
(5) When the person requesting Glamping ground  accommodation is obviously intoxicated and could cause annoyance to other guests or when a person is behaving in such a manner as to be an annoyance to other guests (when the provisions of Article 4 of The Aichi Prefectural Ordinance are applicable);
(6) When the person requesting Hotel accommodation is a member of an organized crime group, under Article 2-6 of Law on Preventing Unreasonable Conduct by Organized Crime groups (Code 77 issued in 1991), or a related party, under Article 2-2 of said law; or
(7) When the Guest does not observe prohibited actions such as smoking in bed, tampers with fire-fighting facilities and otherwise breaches Glamping ground  Regulations stipulated by the Glamping ground  (restricted to particulars deemed necessary in order to avoid causing fires).

2. If the Glamping ground  has canceled the Accommodation Contract in accordance with the preceding Paragraph, the Glamping ground  shall not charge the Guest for any of the services during the contractual period he/she has not received.

Article 8.(Registration)

1. The Guest shall register the following particulars the Front Desk of the Glamping ground  on the day of accommodation:

(1) Name, age, sex, address and occupation of the Guest(s);
(2) Nationality, passport number, port and date of entry in Japan;
(3) Date and estimated time of departure; and
(4) Other particulars deemed necessary by the Glamping ground .

2. All Guests of foreign nationality who do not reside within Japan will be asked to leave a photocopy of their passport with the Front Desk.
3. In the case where the Guest intends to pay his/her accommodation charges prescribed in Article 12 by any means other than Japanese currency, such as traveler's cheque coupons or credit cards, these credentials shall be shown in advance at the time of the registration prescribed in the preceding Paragraph.

Article 9.(Occupancy Hours of Guest Rooms)

1. The Guest is entitled to occupy the contracted guest room of the Glamping ground  from 3:00 p.m. on the day of arrival to 11:00 noon on the day of departure. However, in the case when the Guest is accommodated continuously, the Guest may occupy the guest room all day, except for the days of arrival and departure.
2. The Glamping ground  may, notwithstanding the provisions prescribed in the preceding Paragraph, permit the Guest to occupy the guest room beyond the time prescribed in the same Paragraph, In this case, extra charges shall apply as follows:

(1) Up to 3 hours: 30% of the room charge
(2) Up to 6 hours: 50% of the room charge
(3) More than 6 hours: 100% of the room charge

Article 10.(Observance of Glamping ground  Regulations)

The Guest shall observe the Glamping ground Regulations established by the Glamping ground . Glamping ground  Regulations are posted within the premises of the Glamping ground .

Article 11.(Business Hours)

1. The business hours of the Glamping ground  main facilities are as follows, and those of other facilities, etc. shall be notified in detail by brochures as provided, notices displayed in various places, the Service Directory in guest rooms and other means.

(1) Service hours of the Front Desk, cashier, etc.
Closing time: am8:00topm9:00
Front service: Open am8:00topm9:00
Exchange service: Open am8:00topm9:00
(2) Service hours for dining, drinking and etc. Please refer to the Service Directory.

2. The business hours specified in the preceding Paragraph are subject to temporary changes due to unavoidable circumstances of the Glamping ground .In such cases, the Guest shall be informed by appropriate means.

Article 12.(Payment of Accommodation Charges)

1. The explanation of accommodation charges, etc. that the Guest shall pay is as listed in the attached Table No. 1.
2. Accommodation charges, etc. as stated in the preceding Paragraph shall be paid at Front Desk at the time of the Guest's departure or upon request by the Glamping ground  in Japanese currency. Other means acceptable to the Glamping ground  are traveler's cheques, coupons and credit cards.
3. Accommodation charges shall be paid even if the Guest voluntarily does not utilize the accommodation facilities provided for him/her by the Glamping ground .

Article 13.(Liabilities of the Glamping ground)

1. The Hotel shall compensate the Guest for damage if the Glamping ground  has caused such damage to the Guest in the fulfillment or the nonfulfillment of the Accommodation Contract and/or related agreements. However, the same shall not apply in cases where such damage has been caused due to reasons for which the Glamping ground  is not liable.
2. The Glamping ground  is covered by Glamping ground  Liability Insurance to deal with unexpected fire and/or other disasters.

Article 14.(Handling when Unable to Provide Contracted Rooms)

1. The Glamping ground  shall, when unable to provide contracted rooms, arrange accommodation of the same standard elsewhere for the Guest insofar as practicable with the consent of the Guest.
2. When arrangement of other accommodation can not be made, not with standing the provisions of the preceding Paragraph, the Glamping ground shall pay the Guest a compensation fee equivalent to the cancellation charges and the compensation fee shall be applied to reparations. However, when the Glamping ground  cannot provide accommodation due to causes for which the Glamping ground  is not liable, the Glamping ground  will not compensate the Guest.

Article 15.(Handling of Deposited Articles)

1. The Glamping ground  shall compensate the Guest for damages when loss, breakage or other damage is caused to goods, cash or valuables deposited at the Front Desk by the Guest, except in the case when this has occurred due to causes of force majeure. However, for cash and valuables, when the Hotel has requested the Guest for an appraisal of the value and the Guest has failed to do so, the Glamping ground  shall compensate the Guest up to a maximum of 150,000 yen.
2. The Glamping ground  shall compensate the Guest for damages when loss, breakage or other damage is caused, through intent or negligence on the part of the Glamping ground , to the goods, cash or valuables brought onto the premises of the Glamping ground  by the Guest but are not deposited at the Front Desk. However, for articles of which the nature and value has not been reported in advance by the Guest, the Glamping ground  shall compensate the Guest up to a maximum of 150,000 yen.

Article 16.(Custody of Baggage and/or Belongings of Guest)

1. When the baggage of the Guest is brought into the Hotel before his/her arrival, the Glamping ground  shall be liable to store it only in the case when such a request has been accepted from the Glamping ground . The baggage shall be handed over to the Guest at the Front Desk at the time of his/her check-in.
2. When the baggage or belongings of the Guest are found after check-out and ownership of the article is confirmed, the Glamping ground  shall inform the owner of the article left and ask for further instructions. When no such instructions are given to the Glamping ground  by the owner or when ownership is not confirmed, the Glamping ground  shall handle it according to the Lost Goods Act.
3. The Glamping ground 's liability in regards to the custody of the Guest's baggage and belongings in the case of the preceding two paragraphs shall be in accordance with the provisions of Paragraph 1 of the Preceding Article in the case of Paragraph 1, and with the provisions of Paragraph 2 of the same Article in the case of Paragraph 2.

Article 17.(Liability in Regard to Parking)

The Glamping ground  shall not be liable for the custody of the vehicle of the Guest when the Guest utilizes the parking lot within the premises of the Glamping ground , as it shall be regarded that the Glamping ground  simply offers the space for parking, whether the key of the vehicle has been deposited to the Glamping ground  or not. However, the Glamping ground  shall compensate the Guest for damage caused through intent or negligence on the part of the Glamping ground  in regards to the management of the parking lot.

Article 18.(Liability of the Guest)

The Guest shall compensate the Glamping ground  for damage caused through intent or negligence on part of the Guest.

Article 19.(Governing Language)

These terms are provided in both Japanese and English. In case of a discrepancy between the Japanese and the English, the Japanese version will take precedence.

Article 20.(Jurisdiction and Applicable Laws)

Litigation arising from the Terms & Conditions for Accommodation Contract will be resolved in the courts in the jurisdiction of the Glamping ground  and in accordance with Japanese law

ペットに関する宿泊約款

第1条(宿泊契約の申込み)

当グランピング施設にペットを同伴しての宿泊契約の申込みを行う場合は、当グランピング施設が必要と認めるそのペットに関わる情報を、当グランピング施設に申し出ていただきます。

第2条(ペットの受け入れについての拒否)

当ホテルは、次に揚げる場合において、ペットの受け入れに応じないことがあります。
1.ペット受け入れに関わる保証金をお支払いいただけない場合
2.ペット受け入れ用の客室が、満室により客室の余裕がないとき
3.宿泊するペットが、宿泊に関し、依頼者以外の指示を受けないと認められたとき
4. 宿泊するペットが、犬以外の動物であるとき
5.宿泊するペットが、宿泊依頼者または飼い主と離れての宿泊が困難と当ホテルが判断するとき
6.宿泊するペットが体重10kgを超えるとき
7.宿泊するペットが、闘犬種であるとき
8.宿泊するペットが、過去1年以内に、狂犬病及び「5種混合」以上の予防接種を受けていることが証明されないとき
9.宿泊するペットが、感染症に罹患している可能性があるとき
10.その他当グランピング施設が予め定めた事項に該当する場合

第3条(保証金の支払いと返還)

1.宿泊客がペットを同伴する場合、ペットがグランピング施設ならびに飼い主以外の第三者に損害や損失を与えた場合の損害賠償金の一部として、グランピング施設が定める保証金をお預かりします。
2.チェックアウト後、前項の損害がないとグランピング施設が判断した場合、保証金は直ちに返還します。

第4条(宿泊する動物の責任)

宿泊するペットが当グランピング施設に危害を加えたときは、宿泊者は当グランピング施設に対し、その損害を賠償して頂きます。スタッフ、その他の宿泊者及び動物等に損害を与えた場合も、当該ペットの飼い主である宿泊者にその損害を補填して頂きます。

第5条(同伴ペットの放置によるペットの所有権)

宿泊者が故意・過失によらず、同伴したペットをグランピング施設内に放置しチェックアウトした場合、チェックアウト日から起算し7日後に宿泊動物の所有権が宿泊者から当グランピング施設に譲渡されます。

Accommodation agreement regarding pets

Article 1(Application for accommodation contract)

When applying for an accommodation contract with a pet at our glamping facility, we will ask you to provide this glamping facility with information regarding the pet that our hotel deems necessary.

Article 2(Refusal to accept pets)

This glamping facility may not accept pets in the following cases.

(1)Failure to pay the security deposit for accepting pets
(2) When there is no room for pets due to full occupancy.
(3) When it is recognized that the staying pet will not receive instructions other than the requester regarding accommodation.
(4) When the pet staying at the hotel is an animal other than a dog
(5) The Hotel determines that it is difficult for the staying pet to stay away from the guest or owner.
(6) When the staying pet weighs over 10 kg
(7) When the pet staying at the hotel is a fighting breed
(8) The pet staying at the hotel has been vaccinated against rabies and “mixed 5 types” or more within the past year. when it is not proven
(9) When there is a possibility that the pet staying at the hotel is suffering from an infectious disease
(10) Other cases that fall under the matters predetermined by this glamping facility

Article 3(Payment and refund of security deposit)

(1)When a guest brings a pet, a security deposit specified by the glamping facility will be required as part of the compensation for damages or loss in the event that the pet causes damage or loss to the glamping facility or a third party other than the owner. increase.
(2)After check-out, if the glamping facility determines that there is no damage as described in the preceding paragraph, the security deposit will be returned immediately.

Article 4(Responsibility of accommodation animals)

If a pet staying at the hotel harms this glamping facility, the guest will compensate the glamping facility for the damage. In the case of damage to staff, other guests, animals, etc., the guest who is the owner of the pet will be required to compensate for the damage.

Article 5(Ownership of pet due to neglect of companion pet)

If the guest leaves the companion pet in the glamping facility and checks out, regardless of intention or negligence, the ownership of the accommodation animal will be transferred from the guest to the glamping facility 7 days after the check-out date. be transferred

アクティビティ利用規約

第1条(適用範囲)

この約款は、株式会社ドリームファクトリー(以下「当社」といいます。)が運営する丹波星空グランピングリゾートSHIGRAおよびこれらの付帯施設(以下、これらを総称して「アクティビティ」といいます。)を利用されるお客様に適用されます。

第2条(パーク利用上の注意事項)

お客様はアクティビティを利用するにあたって、この約款のほか、各施設や各サービスで表示する注意事項および当社や当社従業員(以下「スタッフ」といいます。)からのお願い事項を遵守いただく必要があります。 パーク来園前に、オフィシャルウェブサイト内の「アクティビティガイド」をご覧ください。

第3条(パーク施設等の案内)

パークの各施設や各サービスの利用条件や営業内容等は、各所の表示、オフィシャルウェブサイト等でご案内します。

アクティビティの各施設や各サービスの利用条件や営業内容等は、予告なく変更する場合があります。

一部の施設やサービスはご利用にあたり、アクティビティでの事前受付、オフィシャルウェブサイトでの予約およびクレジットカードによる事前決済が必要となります。また、アクティビティで来場日当日に受付ができない施設やサービスがあります。 施設やサービス毎に利用可能な支払い方法は異なります。

第4条(アクティビティ運営日、運営時間)

アクティビティの運営日、運営時間、各施設の休止情報は、オフィシャルウェブサイトをご確認ください。これらの情報は予告なく変更になる場合があります。

アクティビティの各施設の運営時間は施設により異なります。

第5条(アクティビティへの来場について)

アクティビティの混雑状況により、お客様の入園を制限させていただく場合があります。お客様が事前にアクティビティのレストランやサービス等の予約や事前受付を行っていても、アクティビティへの来場は保証されません。別途、日付指定券など来場保証のあるアクティビティ来場チケットをご用意ください。

第6条(禁止行為)

1.お客様はアクティビティの利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。なお、本項の違反は、当社が合理的根拠に基づき合理的に判断するものとします。

(1)他のお客様のご迷惑となる行為やアクティビティおよびその関連施設の営業または運営の妨げになる行為、ならびにこれらのおそれのある行為

具体例
・不正来場およびアクティビティチケット(二次元コード等アクティビティチケットの一部分のみを含みます。)の不正使用、偽造または改変行為
クレジットカード、電子マネー等の不正使用
・施設設備、装飾物等の破損行為
・スタッフへの迷惑行為・暴力行為
・物品等の販売・陳列およびサービスの提供
・営利活動(当社が許可した場合を除きます。)
・転売目的での商品やグッズの購入
・ビラ等の配布
・集会、演説、イベント、パフォーマンス
・商業目的の撮影
・他のお客様のご迷惑となる撮影および公衆送信
・ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚・三脚・自分撮りスティック等の補助機材の使用
・施設内で走る等の危険行為
・喫煙所以外での喫煙
・装飾物や柵等に登る行為、ぶら下がる行為 野鳥等の動物へのエサやりや手を触れる行為

(2)他のお客様や第三者、当社、当社関連会社、スタッフまたは丹波星空グランピングリゾートSHIGRAの著作権、商標権その他知的財産権、財産権、営業秘密、プライバシー、肖像権またはその他の権利を侵害する行為、および侵害するおそれのある行為

(3)法令または公序良俗に反する行為または反するおそれのある行為

2.以下の物品のアクティビティへの持ち込みは禁止します。なお、本項の違反は、当社が合理的根拠に基づき合理的に判断するものとします。
・刃物や火薬類および一般的に危険物と呼ばれるもの(模倣品を含みます。)、他のお客様に危害を加えるおそれのあるもの(※以下の「危険物の例」をご参照ください。)
・ドローンやラジコン機等
・酒類
・カン、ビン
・持参した食べ物(食物アレルギー等のお食事に制約のある場合を除きます。)
・ハードケースおよびスーツケースやキャリーケース等のカート類
・ペットや動物(ドッグラン利用宿泊者を除きます。)
・その他、アクティビティおよびその関連施設の営業または運営の妨げや他のお客様のご迷惑となるおそれのあるもの

危険物の例
・武器及び凶器
・刃物類
・銃器、モデルガン、エアーソフトガン
・催涙スプレー
・スタンガン
・危険物
・引火性液体
・火薬類
・高圧ガス
・毒物類
・可燃性物質
・放射性物質
・その他有害物質 爆発、発火、有毒ガス発生のおそれのあるもの

第7条(来場の拒否・退場等)

当社は、以下の場合において、お客様のアクティビティへの来場をお断りすることや、退場いただくこと、アクティビティ来場チケットを無効にすること、施設やサービスの利用をお断りすること、今後の当社との一切の取引(アクティビティチケットの購入、アクティビティへの来場、商品やサービスの購入、会員制度への入会を含みますが、これらに限りません。)および当社敷地への立ち入りをお断りさせていただく場合があります。(以下、これらを総称して「当社対応」といいます。)なお、本条の違反は当社が合理的根拠に基づき合理的に判断するものとします。

1. 前条に定める禁止行為があったとき
2.各施設、各サービスで表示する注意事項またはスタッフからのお願い事項に対し遵守いただけなかったとき
3.この約款に違反したとき
4.お客様が以下の事由に該当するとき

(1)暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係者、総会屋その他の反社会的勢力(以下「暴力団等」といいます。)
(2)暴力団等が事業活動を支配する法人その他の団体またはその構成員
(3)暴力団等に該当するものが役員となっている法人またはその構成員

第8条(保安検査)

アクティビティ内では保安目的から手荷物を確認させていただく場合があります。
お客様の服装(靴を含みます。)について、以下の項目に該当する場合は入園をお断りすること、または退園いただく場合があります。
・他のお客様を挑発する、または他のお客様のご迷惑となるおそれがあるもの
・顔全体を覆うマスクなど、顔の大半が見えなくなるもの(医療目的で必要なものを除く)
・地面を引きずるもの
・好ましくない単語やデザインの刺青が露出しているもの
・キャラクターやキャストと間違える可能性のある服装
・営利目的の宣伝行為となるもの
・中学生以上の方の全身仮装(ハロウィーンの仮装では個別のルールを設ける場合があります)

第9条(個人情報の取扱い)

当社はアクティビティ運営で取得するお客様の個人情報を、当社の定めるプライバシーポリシーに則って管理します。

アクティビティ施設内では、各施設やプログラム等を撮影する場合があります。その際、お客様が撮影の対象になる場合があります。また、撮影物は、報道、広告宣伝、プロモーション、販売商品等に使用される場合があります。

アクティビティでは、保安の目的で監視カメラを設置しています。当該監視カメラによって撮影した画像や映像は当社規定に則り、厳重に管理した上で一定期間経過後に消去いたします。

お客様がアクティビティ施設内で撮影された写真や動画は、他のお客様のご迷惑とならない範囲で、かつ私的利用の目的にのみご使用になれます。 スタッフの写真や動画の撮影を希望される場合は、事前にキャスト本人から同意を得てください。

第10条(アクティビティの休止等について)

当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合、お客様に事前に通知することなく、当社が必要な期間、アクティビティの全部または一部の中止、中断、休止、変更、運営時間の変更(短縮等)、来場者数の制限または臨時休業を行えるものとします。

1.安全上、技術上またはシステム上、各施設設備の保守を行う場合
2.天災地変、火災、停電(計画停電を含みます。)、交通機関の運休等によりアクティビティの運営が困難になった場合
3.感染症のまん延または行政庁からの営業の縮小もしくは中止の要請その他の行政指導等、当社の責に帰さない事由によりアクティビティの運営が困難になった場合
4.その他当社が前各号に準じる事由が生じたと判断した場合

前項によりお客様に損害が発生した場合、当社、当社関連会社は法令に基づき賠償義務が発生する場合を除き責任を負わないものとします。

第11条(当社の責任と免責)

当社は、お客様のアクティビティ利用にあたり、当社の責めに帰すべき事由によりお客様に損害を与えた場合、特別損害および逸失利益を除いた範囲で、その損害を賠償する責任を負うものとします。ただし、当社の故意または重過失によりお客様に損害を与えた場合には、この限りではありません。

お客様の不注意による事故やお客様同士のトラブルについて、当社、当社関連会社は法令に基づき賠償義務が発生する場合を除き、責任を負いかねます。貴重品や手荷物は、お客様の責任で管理をお願いします。

アクティビティの運営状況または悪天候により、ショップ、レストラン、イベントプログラム、サービス等の運営内容や運営時間、実施時間、利用方法および鑑賞方法を、予告なく変更、中止、短縮させていただく場合があります。

商品、レストランのメニュー、グッズおよび各種サービスは予告なく変更になる場合があります。また、商品およびグッズは、在庫状況等により品切れとなる場合や、販売の終了・一時中止または販売数の制限等をさせていただく場合があります。レストランのメニューおよび各種サービスは、運営状況等により、提供の終了または一時中止等をさせていただく場合があります。

前二項の場合にお客様に損害が生じた場合でも、当社、当社関連会社は責任を負わないものとします。この場合、アクティビティチケット等の取得代金の返金およびその他お客様において支払った費用等の賠償はいたしません。 当社がお客様に対して第8条に定める当社対応または第9条に定める措置の適用によりお客様に損害が生じた場合でも、当社、当社関連会社の責めに帰すべき事由がある場合を除き、責任を負わないものとします。この場合、アクティビティチケット等の取得代金の返金その他お客様において支払った費用等の賠償はいたしません。

第12条(お客様の責任)

お客様の故意または過失により当社が損害を被ったときは、お客様には当社に対してその損害を賠償していただきます。

第13条(著作権等の権利)

アクティビティを利用するにあたり当社がお客様に提供するリーフレットなどの各情報等の所有権、著作権等一切の権利は、当社に帰属するものとします。

第14条(準拠法)

この約款の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本法が適用されます。

第15条(言語)

この約款は、日本語で作成され、それをもとに英語を含む他の言語の翻訳が作成されますが、日本語と他の言語の翻訳との間に矛盾がある場合は、日本語の定めが適用されるものとします。

第16条(裁判管轄)

この約款に関して、お客様と当社との間で紛争が生じた場合、大阪地方裁判所または大阪簡易裁判所を第一審の専属的な合意管轄裁判所とします。

第17条(約款の変更について)

当社は、アクティビティの各施設、イベントプログラム、アクティビティチケットまたはサービス等の新設、改廃、注意事項・利用条件・料金等の変更、適用法令の改廃等、および社会情勢の変化等に伴い、民法第548条の4の規定に基づきこの約款をいつでも変更できるものとし、変更した場合は、お客様に対し、オフィシャルウェブサイトに掲示する方法によりその内容および発効日を公表または通知するものとします。